避難はしご 商品紹介
当社の避難はしごは、画期的なデザインで「もつれる」「重い」「装着しにくい」という従来の避難はしごの問題をすべて解決しました。日本では毎年6万件以上の火災が発生し、2000人が亡くなっています。火災による死亡者は年々増加しているのが実情。特に2階建・3階建家屋の「煙による」死亡者が多くなっています。こういう点から鑑みると、階段が炎や煙に包まれても窓から安全かつ素早く階下に降りることができれば、多くの生命が助かるともいえます。弊社の避難はしごは現代生活に一石を投ずる画期的な避難はしごです。救命ロープや縄はしごでは設置に時間がかかり、年老いた人や子供では使えませんが、弊社の避難はしごは軽量で誰にでも簡単に設置でき、瞬時に使用可能。丈夫で安定していますので、たとえ子供をおぶっていても安心して降りることができます。逃げ遅れ防止に効果を発揮する、この避難はしごでご家族の大切な命をお守り下さい。収納に場所をとらず、まさに一家に一台の必需品です。 *こちらのはしごは国家検定品ではありません。消防の義務設置の場合には弊社取扱の「オリロー」をお選びください。









手順
1. 退避用窓を開ける前に玄関を閉めて、火勢が激化しないようにして下さい。
2. 避難はしごの繋ぎ爪を開け、中間の支えを開いて下さい(図「1」を参照)。
3. まだ展開されていない避難はしごを窓の外に向け、繋ぎ爪を窓台にかけ、白い部分は内部壁面に固定してください。赤色の部分は窓の外(図2を参照)に来る様にして下さい。
4. 避難はしごのベルトを緩め、はしごを展開して下さい(図3を参照)。※本品は使い切りの設計になっています。実際の非常時に限ってこの操作をして下さい。
5. 繋ぎ爪を掴み、バランスを取って下さい。気をつけて窓の外の避難はしごのところに行きます。
6. 避難はしごで下へ降りるときは体をはしごに密着させ、できるだけ体のバランスをとって安定状態を維持して下さい。子供だけで降りるのは危険です。子供が使用するのはやむを得ない場合だけにして下さい。ペット或いはその他のものを避難はしごに置かないで下さい。
7. 家族が退避する時、親が先に避難はしごから降りて下からはしごのバランスを取り、それから子供或いはお年寄が降りるようにして下さい。
8. 避難はしごを使用して退避するとき、隣接する窓ガラスが割れないように気をつけて下さい。

避難はしご使用条件
2階用(KL-2S)の長さは396cm、3階用(KL-3S)の長さは762cmで、2階あるいは3階の窓(通常の家屋の高さの場合)に設置して使用できます。安全に逃避できるように、窓から避難はしごを伸ばすときには避難はしごの一番底の部分を硬い地面にしっかりと当てて下さい。地面までの距離が2階で4.2M、3階で7.9M以上ある場合はこの避難はしごを使わないで下さい。怪我をすることがあります。

避難はしごを固定する窓は障害物或いは欄干などがなく、退避者の体重に耐えうるものでなければなりません。窓は完全に開いた状態で退避し、外に出る際には窓の外にある障害物(電線、電話線或いはフェンス等)に注意してください。この避難はしごを固定するのに必要な窓の最小幅は41cmで、窓の厚さは最大で28cmまで使用可能です。







TOP
| 会社概要 | 5622525006|9492823476| (720) 569-3049 |避難はしごリンク| 担架・ストレッチャー| 避難はしご | 254-371-8734

(431) 349-1331 Copyright all rights reserved ANS Co. LTD. 2014